筆塗りモデラー40代2児の父親 ガンダム好きのガンプラ製作ブログ

筆塗りでガンプラをつくっています。素組みの感想から表面処理、ディテールアップ、筆塗り、スミ入れ、デカール貼りなどを記事にして作業の進捗状況をブログにアップしていきます。

ガンプラのパーツを超音波洗浄機であらってみました!

2020年9月19日『4. 使ってみての感想』に追記しました。

2020年9月16日『2. 使いかた』の記事の内容を訂正させて頂きました。

 

こんばんは、ろんです。

ずっと、買おうか迷っていた超音波洗浄機を買いました。

f:id:ron777:20200914221559j:plain

 

今回は、その超音波洗浄機の記事になります。

 

わたしは、ガンプラのパーツをランナーから切り出し表面処理をした後、1時間ちかく掛けて『歯ブラシ』と『キッチン洗剤』を使いながらパーツを洗っていました。

 

この洗浄の意味は、商品(ガンプラ)加工時につく油や汚れを落とすためで、パーツを洗浄しないで塗装すると、パーツに乗せた塗料が『パーツの上で油の様にはじかれ』うまく塗装できない事があります。なので、わたしはずっとパーツを洗ってから塗装するようにしています。

 

一年くらい前の2019年7月からガンプラ作りを本格的にスタートしたわたしは、それから15体くらいのガンプラを筆塗り塗装で作ってきました。

 

そして毎回、先ほどお話したように塗装前『歯ブラシ』と『キッチン洗剤』で1時間シャカシャカとガンプラのパーツを洗ってきたのですが、最近、歯ブラシでパーツを洗っている間に、『パーツの仮組み』や『ジオラマの小物作り』、はたまた息子たちとの『カードゲーム』や『ガンプラ作り』などなどが出来るのではないかと考えはじめました。

 

あまり言いたい言葉ではありませんが、端的にいうと『効率化』ですね。

 

 

わたしのブログにお越しになられた方は、おそらくガンプラ作りをされている方だと思います。

また、わたしの様に一日の自由時間があまりないオッサンの方も多いのではと思います。

 

そして、わたしの様に『歯ブラシ』を使ってガンプラのパーツを洗っている方も中にはいるのではないかと思っています。

 

そんなわたしと同じ様な境遇の方に向けて、今回とりあえず『超音波洗浄機の使い方』の記事ですが、書いてみました。よろしかったらお付き合い下さい。よろしくお願いいたしますm(_ _)m

 

 

ガンプラのパーツを超音波洗浄機であらってみました!

1. 超音波洗浄機の大きさ

2. 使いかた

3. 使ってみての注意点

4. 使ってみての感想

 

1. 超音波洗浄機の大きさ

超音波洗浄機の大きさHGのガンプラの箱に乗るくらいの大きさです。

f:id:ron777:20200915120554j:image

届いたダンボールはかなり大きく焦りました(^◇^;)

f:id:ron777:20200914221606j:image

説明書はペラっと1枚。片面だけの説明書で、簡単に扱えそうで安心しました。
f:id:ron777:20200914221614j:image

 

2. 使いかた

使いかたは簡単です。

ボタンは、『電源』、『スタート』、『設定』の3つだけです。

初の超音波洗浄は、プレバン限定、HGのザク・デザートタイプ。

f:id:ron777:20200915204306j:image

●まず、仮組みをバラしたパーツをかるく洗います。
f:id:ron777:20200915114538j:image

●洗ったパーツを付属しているカゴにいれて、MAXとかいてある所まで水を注ぎます。(付属しているカゴは、編み目があらいので小さいパーツ落ちに注意です。)
f:id:ron777:20200915121019j:image

f:id:ron777:20200915204828j:image

●コンセントを差し込みます。
f:id:ron777:20200914221559j:image

●設定ボタンを押すと60秒→120秒→180秒→240秒→300秒と洗浄する秒数を決められます。今回は、とりあえず180秒で洗浄してみます。
f:id:ron777:20200914221617j:image

●スタートボタンで洗浄開始です。洗剤とかいらないんですね。買ってから知りました。←先程、スマホガンプラ製作でも知られるバトオペ実況YouTuber『オンドレヤスさん』とガンプラ製作でYouTube活動をされている『クラフタさん』の動画を見ていたところ、お二人ともキッチン用洗剤を数滴たらしてからスタートボタンを押していました。申し訳ありません。訂正させて頂きます🙇🏻‍♂️わたしも、もう一度あらいたいと思います。

f:id:ron777:20200914221742j:image

ジージーと小さい音がきこえます。見た目もほとんど変化なしです。上のほうに浮いていたパーツもあったので軽くかき回して追加で60秒洗浄しました。
f:id:ron777:20200914221603j:image

●取り出してタオルなどで水分を拭き取ります。

f:id:ron777:20200914221609j:image

とりあえず、パーツが乾くまで放置です。乾いたら塗装をはじめます。

 

3. 使ってみての注意点

洗浄機のなかはステンレス製なのでテカテカ?ギラギラ?しているので小さい黒やグレイのパーツが残っているのに気がつかない事もありそうです。実際、わたしは残った水と一緒にグレイのパーツを洗面にながすところでしたε-(´∀`; )

f:id:ron777:20200915204042j:imagef:id:ron777:20200915204054j:image

 

4. 使ってみての感想

洗浄時間が数分で済むことや、洗剤不要なことに驚きました。30分くらいは掛かると勝手に思ってましたし、手入れも簡単そうです。 

値段は、7,000円弱と少しお高め。水を入れる容器が洗浄機本体から外せて手入れが簡単なところがポイントらしいです。これでいつもと同じように塗装ができれば満足できると思いますが、そこが一番の重要ポイントですね( ˘ω˘ )

後日追記しようと思います。

ここから追記です。

写真は、3回目の重ね塗りが終わったパーツです。パーツ表面には、キレイに塗料が乗りはじめてます。ですがモールドに塗料が入っていない所が少しあります。次回からは、超音波洗浄機にキッチン用洗剤をもう少し加えるか、洗浄時間をながくした方がよさそうです。今回は、180秒+60秒の洗浄時間だったので300秒で試してみたいと思います。もしかしたらモールドが多目のパーツだけでも歯ブラシで洗った方がいいのかもですね。色々ためしながら作業していきます。

f:id:ron777:20200919091612j:image

f:id:ron777:20200919091701j:image

とりあえずの対処方。面相筆でモールドに沿って塗装しました。

f:id:ron777:20200919101024j:image

f:id:ron777:20200919101028j:image

f:id:ron777:20200919101038j:image

今回の記事はここまでです。お付き合いありがとうございます^ - ^

 

 

わたしの記事は、自分でつくったガンプラをお気に入りの場所に並べながらニヤニヤしたい方にむけて書いています。コンテストなどにむけて、がんばっている方にも読んでいただけたら勿論ありがたいですが、基本的にはまったり、マイペースでガンプラを楽しみたい方にむけて記事を書いています。未熟者ですが参考にしていただけたら嬉しいです。

 

つくる方もつむ方もよかったらまた覗きに来てくださいm(_ _)m

 

ブログ以外のガンプラはこちらから

twitter.com

f:id:ron777:20200915204624j:image