筆塗りモデラー40代2児の父親 ガンダム好きのガンプラ製作ブログ

筆塗りでガンプラをつくっています。筆塗りに興味がある方、お困りの方がいましたらブログ下段カテゴリー『筆塗りお役立ち』をご覧ください。

模型のつかれは模型で癒そう^_^2021

こんばんは。ろんです。

 

久しぶりのブログ更新。

f:id:ron777:20211212213253j:image

f:id:ron777:20211212123028j:image

YouTubeも半年つづけて沢山の方に動画を見ていただき

有り難いかぎりです。

 

ですが少々つかれが出てきたことは正直なところ…(^_^;)

 

YouTuberの皆さんスゴイですね。

 

ちなみにわたしは筆塗りでガンプラを日々ちまちまコツコツと作っている者です。

f:id:ron777:20210604072655j:plain
f:id:ron777:20210604072658j:plain

YouTubeTwitterのアカウントはこの記事の最後にありますので

よろしければ覗いてみてくださいm(_ _)m

 

 

そこで今回は記事タイトルのとうり

『模型のつかれは模型で癒そう^_^2021』です。

 

海洋堂『センム』さんの言葉だそうで

 

模型づくりに疲れたら他の模型をつくって気分転換をしようと言う意味なんだと思います。

 

そこで今回つくりはじめたのはタミヤの兵隊フィギュア1/35スケール。

f:id:ron777:20211212120258j:image

スケール的に言うと、ガンプラは1/144だからチグハグになってしまいますが、ガンプラをパワードスーツやレイバーサイズだと解釈したら何とかガンプラと並べても違和感があまり出ないのではと…。

 

ワイルドリバー荒川さんのジオラマに登場する人物フィギュアもガンプラとのスケール的には違うようですし、

f:id:ron777:20211212121601j:image

そこはスケールのことは余り気にしないで楽しもうって事ですよね?

 

 

とりあえず、こんな感じに仕上がりました。

f:id:ron777:20211212122401j:image
f:id:ron777:20211212122358j:image

f:id:ron777:20211212115900j:image

はじめてフィギュアを筆塗りしましたが

なんとか、なんとか、見れる程度には塗れたと思います😅

 

でも大きさ的に1/48スケールのほうが良さそうですね。

 

【顔の筆塗り】

筆塗りは、はじめタミヤの水性アクリルのXF-15フラットフレッシュを筆塗り。リターダーを混ぜて3回重ね塗りします。

 

そこからタミヤエナメル塗料のフラットレッド、フラットイエロー、フラットブルー、フラットブラック、フラットホワイトなど混ぜながら顔に陰影をつけていきエナメル溶剤を含ませた筆で塗った塗料をボカしていきます。

 

『黒目』は、爪楊枝の先をカッターでさらに鋭くカットして、チョンチョンっとブルーの瞳に。

 

またMr.ウェザリングカラーのステインブラウンで汚しています。

f:id:ron777:20211212121001j:image

白目だけだとゾンビみたいですね。

 

タイトルは『鬼教官』。新米パイロットにゲキを飛ばす感じで…。

f:id:ron777:20211212125924j:image

ちょっとミリタリー系に寄り道。

マイペース人間ですが、今後とも宜しくお願い致します🤲

 

今回の記事はここ迄です。

最後までお付き合い頂き有り難うございます。

f:id:ron777:20210128145132j:plain

わたしは、自分でつくったガンプラをお気に入りの場所に並べながらガンプラライフを楽しんでいる者です。未熟者ですが参考にしていただけたら嬉しいです。

 

つくる方もつむ方もよかったらまた覗きに来てくださいm(_ _)m

ブログ以外のガンプラはこちらから