筆塗りモデラー40代2児の父親 ガンダム好きのガンプラ製作ブログ

筆塗りでガンプラをつくっています。素組みの感想から表面処理、ディテールアップ、筆塗り、スミ入れ、デカール貼りなどを記事にして作業の進捗状況をブログにアップしていきます。

【試し塗り】筆塗りでキャンディ塗装にチャレンジしてみた!

こんばんは。ろんです。

 

今回は、プラスチックスプーンに筆塗りでキャンディ塗装の練習をしてみたので、その内容を記事にしてみました。

f:id:ron777:20201024171025j:image

 

キャンディ塗装とは

キラキラとツヤのある塗装方法です。塗面に透明感がありメタリック塗装は、また違った綺麗さがあります。

 

筆塗りで、クリアカラーの塗料をムラなく塗るのは、結構むずかしいみたいなので、どこまでがんばれるか、実験です。

 

なので、この記事は、『キャンディ塗装って聞いたことはあるけど、どんな感じなの?』『キャンディ塗装に興味があるけど、どんな塗装工程で作業すの?』などのような疑問をお持ちの方に向けて書いていきます。

 

わたしもキャンディ塗装は、はじめてのチャレンジ。キャンディ塗装『初心者のかた目線』で、リカバリーしながら出来るだけ綺麗に仕上げる方法を紹介したいと思います。

 

 

わたしは、ふだん筆塗りでガンプラを作っています。この記事の最後にわたしのTwitterアカウントへのリンクがありますのでよかったらご覧くださいm(._.)m


f:id:ron777:20201023143143j:image

f:id:ron777:20201023143258j:image



【試し塗り】筆塗りでキャンディ塗装にチャレンジしてみた!

もくじ

  1. 用意したもの
  2. 作業手順
  3. クリアカラーを塗るコツ
  4. メタリック塗装と比較

 

1.  用意したもの

  • プラスチックのスプーン:これに試し塗りします。

f:id:ron777:20201024132936j:image

 

f:id:ron777:20201025065158j:image

 

  • Mr.カラージャーマングレー:エナメル塗料の下地にブラックを塗ると発色がいいと聞いたことがあるので、手持ちブラックがが無かったのジャーマングレーを使います…(^_^;)

f:id:ron777:20201024132731j:image

 

  • タミヤのエナメル塗料ロームシルバーゴールドリーフ、ガンメタル:キャンディ塗装のキラキラ感をだす為の塗料。

f:id:ron777:20201024132632j:image

 

  • タミヤ水性アクリルクリアレッド:キャンディ塗装のツヤのある透明感をだす為の塗料。赤いキャンディ塗装ならシャアザクサザビーが似合いそうですよね。

f:id:ron777:20201024132809j:image

 

  • 水研ぎ用紙ヤスリ2000番:より綺麗な塗面にする為、塗料が乾いたあと塗面を磨きます。今回は、水研ぎありとなしで実験します。それと水を入れるウツワも手元にあると便利です。

 

  • Mr.リターダーマイルド:ラッカー塗料に加えると、筆ムラが出来にくくなる溶剤です。塗料皿などに出した塗料に20〜30パーセント混ぜて使います。今回は、水研ぎした後のジャーマングレーの仕上げ塗装に使っています。

f:id:ron777:20201025064943j:image

ふだんのガンプラの筆塗りでもリターダーを使っています。こちらの記事も参考にして頂けると嬉しいです。

gunpla-fudenuri.com

 

2.  作業手順

これから塗る塗料の順番だと、かさね塗りしても下地の塗料を溶かしたりしません。順番は、ラッカー塗料→エナメル塗料→水性塗料。

 

水性塗料で塗ったパーツにエナメル塗料でスミ入れしても大丈夫なので、キャンディ塗装のあとにスミ入れOKです。

 

それでは、作業スタートです。

 

【2-1 下地の塗料をぬる】

まずは、下地にジャーマングレーを塗っていきます。下地にブラックを塗ると仕上がりが良くなると聞いたので、ですが今回は、ジャーマングレー…(^_^;)

 

その結果は、この後の作業工程【2-3 エナメル塗料でキラキラ感をだす】で明らかに。

f:id:ron777:20201024131408j:image

リターダーは加えないで塗装。塗料原液のまま塗装したので塗りムラができて少しデコボコしています。

 

【2-2 下地を水研ぎして滑らかに】

ジャーマングレーが乾いたら(とりあえず半日放置しました)、ボコボコしている塗面を紙ヤスリの2000番で水研ぎして滑らかにします。この段階から、キャンディ塗装がうまく行くかが、決まりそうです。

f:id:ron777:20201023224031j:image

紙ヤスリに水がしたたるくらに濡らして磨きます。点じゃなくて、面で磨くように優しく紙ヤスリをクルクル回します。

f:id:ron777:20201023222454j:image

上の紙ヤスリが水研ぎ前。下の紙ヤスリが水研ぎ後です。水研ぎでも結構けずれるんですね。ジャーマングレーの塗装で汚れています。
f:id:ron777:20201023222459j:image

紙ヤスリで水研ぎしすぎると下地のスプーンの色がでてきます。優しく削っても、なかなか難しいです。この後リターダーを加えた塗料で重ね塗りします。

f:id:ron777:20201023222725j:image

リターダーを加えた塗料で2回重ね塗りをしたらものです。このスプーンも削りすぎて下地が見えていましたが、比較的キレイな塗面になったと思います。

f:id:ron777:20201023224041j:image

 

【2-3 エナメル塗料でキラキラ感をだす】

写真の左から、クロームシルバー、ゴールドリーフ、ガンメタルをジャーマングレーの上から重ね塗りしたものです。塗るのが難しかったのは、ゴールドリーフ。黄色系だからか、隠ぺい力が低いんですかね…。3回くらい重ね塗りしました。(1回の塗装で乾かす時間は2〜3時間程度)

f:id:ron777:20201024131435j:image

そして、写真の右が水研ぎあり。左が水研ぎなしのスプーンです。やっぱり水研ぎした方が良さそう。水研ぎしていない左のほうが少しデコボコしています。

f:id:ron777:20201024164014j:image

それと、下地のジャーマングレーを塗らずに、クロームシルバーだけ塗装したスプーンも試しに作ってみたした。

f:id:ron777:20201024155853j:image

ほんの気持〜ちくらいしか色の深み的なものは出ませんでした。ちょっとショック。純粋なブラックだとどうなるか、スプーンは、いっぱいあるので今度ためしてみます。

 

【2-4 クリアカラーでツヤツヤ感をだす】

エナメル塗装のクロームシルバー、ゴールドリーフ、ガンメタルが乾いた上から、水性塗料のクリアレッドを5回かさね塗りしたした。(1回の塗装の乾かす時間は、1時間くらいです。比較的早く乾きました。)

 

塗り重ねる方向は、タテ→斜め右→斜め左→ヨコ→もう一度タテの5回です。

f:id:ron777:20201024171446j:image

下地、クロームシルバー、ゴールドリーフ、ガンメタルの上にクリアレッドを筆塗りした結果です。

f:id:ron777:20201024162421j:image

f:id:ron777:20201024162431j:image

ロームシルバーとゴールドリーフの発色の違いがあまり変わらない様にみえますが、下地がゴールドリーフのほうが気持ちオレンジ色っぽく見えます。

f:id:ron777:20201024165008j:image

ガンメタルは、ワインレッドに見えます。下地のガンメタルの色が暗いので、ほかの2色よりもクリアレッドの塗りムラが、あまり分からないかも。クロームシルバー、ゴールドリーフのどちらかと組み合わせて使うと効果的だと思います。

 

シャアザクで例えると…

頭部、腕、足をゴールドリーフの下地のキャンディ塗装のパーツ。

胴体をガンメタルの下地のキャンディ塗装のパーツ。

でしょうか(・・?)

 

【はじめてキャンディ塗装をしてわかったこと】

クリアカラーを綺麗に塗るのも大事ですが、下地のエナメル塗料もかなり大事だと言うことが分かりました。

 

下地のエナメル塗料の塗りムラとまでは言わない、塗装のラインがクリアカラーの下に見えてムラの様にも見えます。

 

これは、筆の大きさをパーツの大きさに応じて変えれば、筆がパーツを動かす回数が減るので少しは、良くなるのではと思います。なので、面積が小さいパーツなら余り目立たないかも?

 

ちなみに、今回つかったタミヤモデリングブラシHF 平筆NO.2は、プラスチックスプーンをタテに6回くらい塗る筆幅6ミリ弱です。もう少し広い筆幅の筆もあるので、その筆で試すのもいいかもです。

 

 

3.  クリアカラーを塗るコツ

クリアカラーを塗るコツは、塗料を少し多目に筆に含ませて、パーツの上で広げていくのが良いと思います。そのときの塗り広げる方向は、その塗装ターンは、1方向、2度塗りは、あまり良くないかもです。

 

筆の動かしかたは、筆さき3分の1だけを使って履くように軽く動かします。動かしている筆の動きが塗面に引っかかるような感じがしたら、筆に塗料を補充して作業再開です。

 

4.  メタリック塗料との比較

f:id:ron777:20201024181357j:image

今回、はじめてキャンディ塗装を練習を兼ねて作業してみましたが、メタリックカラーの塗料も今回はじめて使いました。使った塗料は、Mr.カラーのGXメタルレッドです。

f:id:ron777:20201024172208j:image

下の写真は、GXメタルレッドを原液のまま、5回かさね塗りし、乾いたあと水研ぎ、さらにリターダーを加えた塗料で2回かさね塗りしたものです。タテ、斜め右、斜め左、横、もう一度タテの方向で5回ぬりです。

f:id:ron777:20201024172025j:image

メタリックカラーも綺麗ですが、キャンディ塗塗装は、下地、エナメル塗料、クリアカラーの3工程の塗装をしたぶん、売っている塗料とは、一味ちがう綺麗さがありますね。

 

とても勉強になりました。

 

5.  今回のキャンディ塗装のまとめ

  • 下地をジャーマングレーするとあまり発色は変わらない。次回は、ブラックを塗って試してみる

 

  • 水研ぎはした方がいい。

 

  • エナメル塗料もムラなく塗ることが大切。筆幅がひろい筆で対応できるかも。

 

  • クリアカラーを塗るコツは、パーツの上で塗り広げ、筆さきを使って履くように軽く動かす。

 

  • 下地→エナメル塗料→クリアカラーと3工程と手間は掛かりますが、メタリックカラーとは、一味ちがう仕上がりになる。

 

以上で、今回のキャンディ塗装を筆塗りで試してみた記事をおわりにします。参考にして頂けたら嬉しいです。

 

最後までお付き合い頂き有難う御座います。

 

わたしの記事は、自分でつくったガンプラをお気に入りの場所に並べながらニヤニヤしたい方にむけて書いています。コンテストなどにむけて、がんばっている方にも読んでいただけたら勿論ありがたいですが、基本的にはまったり、マイペースでガンプラを楽しみたい方にむけて記事を書いています。未熟者ですが参考にしていただけたら嬉しいです。

 

つくる方もつむ方もよかったらまた覗きに来てくださいm(_ _)m

 

ブログ以外のガンプラはこちらから

twitter.com

 

【ガンプラ改造】HGガンダムナドレをHWSをつかって強化してみた!

こんばんは、ろんです。

 

今回の記事は、完成したHG ガンダムナドレにビルドダイバーズに登場するダブオースカイ用HWSを無理やり取り付けてみたと言うカンペキ自己満記事です(^_^;)

f:id:ron777:20201020130855j:image

お時間があるかた1、2分お時間頂けたら嬉しいです。

 

GN供給用ケーブルを付けずに組み立てたところ、エクシアともまた違った、かなりシンプルなガンダムに…。

 

沸沸と『オラ設定』のイメージがわいてきたのでした…。

 

『はっ!』『細身のナドレには、デカイ武器とのアンバランス感がいいのではないか!?』

 

そこで!

 

ガンプラ改造】HGガンダムナドレをHWSを使って強化してみた!

 

もくじ

  1. HWSの取り付けに使った物
  2. HWSの取り付けかた
  3. HWSを簡単にレビュー
  4. オラ設定

 

 

1.  HWSの取り付けに使った物

おもにガンダムダブルオースカイのHWS(ヘビーウェポンシステム 以下、HWS)を使いました。

f:id:ron777:20201020151630j:image

  • ハイキューパーツのネオジム磁石直径5ミリ高さ2ミリ(写真右側)

f:id:ron777:20201020151727j:image

使った塗料の紹介です。

  • タミヤエナメル塗料ニュートラルグレイ
  • Mr.カラー26ダックエッググリーン
  • Mr.カラー25ダークシーグレー

f:id:ron777:20201020212351j:image

プロモデラーのチョートク・ヨシタカさんがYouTubeで使われているのをみて、わたしも使ってみたくなり、ダックエッググリーンとダークシーグレーを使ってみました。

ジェガン、ヘビーガン、Gキャノンに通じる量産機カラーでとても気に入りました。

チョートクさんありがとうございます(o^^o)

 

2.  HWSの取り付けかた

本当は、GNドライブを覆うようにHWSを取り付けたかったのですが、わたしの技術では難しいので、GNドライブのパーツを外したところにHWSの基部を取り付けことにしました。
f:id:ron777:20201020130848j:image

HWSの取り付けジョイントは、そのままだとナドレの背中につけられないので、パーツを加工して何とかドッキングできる様にしました。

 

付属の取り付け用ジョイントパーツは、2種類付属していて、ピンが1本と2本のパーツがあります。説明書どうりには取り付けるには、ガンプラ側に3ミリ穴が1つまたは、2つ空いている事が前提のようです。
f:id:ron777:20201020130844j:image

2つのパーツを瞬間接着剤で接着。ランスミサイルは大きいですが軽いのでポッキリ壊れることも無さそうです。

f:id:ron777:20201020130804j:image

真横からみたらGNドライブが無いことがバレてしまいますね。

f:id:ron777:20201020140319j:image

HWSの基部のアームはかなり自由に動くので好きな位置でキャノンを固定できます。保持力もしっかりあってキャノンの先端が垂れ下がってくる事もありません。

f:id:ron777:20201020140347j:image

ヒレともゲタとも見えるミサイルポットは、ネオジム磁石を使って足裏に取り付けられる様に、パーツの中をデザインナイフでカリカリ削りネオジム磁石を入れるスペースを確保しました。
f:id:ron777:20201020140350j:image

イメージはGNアームズの簡易版を背負っている感じです。

f:id:ron777:20201020213429j:image

f:id:ron777:20201020142307j:image
f:id:ron777:20201020211932j:image

ナドレであってナドレでない、武器のテスト用ガンダムと言う設定です。

 

3.  HWSを簡単にレビュー

『HWS&SVカスタムウエポンセット』にはザックリとダブルオースカイ用とAGEⅡマグナム用の2種類のウェポンセットが入っています。

f:id:ron777:20201020191556j:image

もちろん他のガンプラにも取り付けて遊ぶことも出来ます。

f:id:ron777:20201020152932j:image

戦闘機の機首のようなパーツに2セットの武装をすべて取り付ける事ができます。

f:id:ron777:20201020152944j:image

こちらの写真が今回使ったHWS。

f:id:ron777:20201020153104j:image

  • ランサーミサイル×2
  • ミサイルランチャー×2
  • ミサイルポット×4
  • ガンプラに取り付けるための基部

f:id:ron777:20201020153121j:image

ポリキャップなしの接続方法です。ピンとウケは3ミリ。合わせ目も気にならないパーツ構成でありがたいです。

f:id:ron777:20201020153141j:image

1つひとつパーツは大きめですが、ディテールもいい塩梅で入っているので、チャチな感じは全然しません。色分けも良好。

f:id:ron777:20201020153154j:image
ランサーミサイルのアームは、フレキシブルに動くので、『ここだ!』と言うところまで簡単に迫り出させることができます。

 

作っても遊んでも、とても良いキットだと思いました。『何かウェポン系のガンプラがほいなぁ』とお考えの方がいたら、このウェポンセットが1番なのではと思います!

 

4. オラ設定

今回つくった『ナドレ』は、私設武装組織ソレスタルビーイングで開発された武器をテストするために運用されているガンダムという『オラ設定』です。

f:id:ron777:20201020143723j:image

先日の記事で貼り付けた100個のレッドチップが、武器使用時にうける衝撃を測定するセンサーの役割りを担っています。

gunpla-fudenuri.com

f:id:ron777:20201020143746j:image

武器テスト中もしも敵と戦闘になった場合、武器がなくなればGNカタール1本で戦うことになります。

f:id:ron777:20201020130822j:image

とりあえず、ガンダムナドレの作成は今回使った記事で一区切りです。次の記事からドム試作実戦機の作成を再開したいと思います。

 

今回の記事を書くここ迄です。

最後まで読んで頂き、本当に有難う御座います。

 

わたしの記事は、自分でつくったガンプラをお気に入りの場所に並べながらニヤニヤしたい方にむけて書いています。コンテストなどにむけて、がんばっている方にも読んでいただけたら勿論ありがたいですが、基本的にはまったり、マイペースでガンプラを楽しみたい方にむけて記事を書いています。未熟者ですが参考にしていただけたら嬉しいです。

 

つくる方もつむ方もよかったらまた覗きに来てくださいm(_ _)m

 

ブログ以外のガンプラはこちらから

twitter.com

f:id:ron777:20201020214535j:image

【ガンプラ】後ハメ加工できない私は、こうして合わせ目消してます。

こんばんは、ろんです。

 

今回の記事は、HG 1/144 ガンダム ナドレの頭部パーツ、その頭頂部にある合わせ目を消していきます。

 

先日、ナドレ頭部の後ハメ加工が、出来なかった(私には(^◇^;))ので、今回の方法で合わせ目を消してみました。

 

f:id:ron777:20201017104846j:image

 

少し手間ですが、私のように合わせ目消しは出来るけど、パーツを『切ったり』『貼ったり』する『後ハメ加工』は苦手な方にオススメな合わせ目消しの仕方です。

 

 

 

ガンプラ】後ハメ加工できない私は、こうして合わせ目消してます。

 

もくじ

  1.  合わせ目部分をのこして塗装 
  2. フェイスパーツを組み込んで接着
  3. 接着剤がかわいたらヤスリで表面処理 
  4. 最後に合わせ目をけしたところを塗装して合わせ目消し完了
  5.  まとめ 

 

ではでは、作業スタート!

 

1.  合わせ目部分をのこして塗装 

まず、合わせ目消しの作業の前に、合わせ目ができる頭頂部以外の塗装をおわらせておきます。

合わせ目消しがおわれば『この小さい面積だけ塗ればいい!』と言った感じが気持ちを軽くしてくれます。写真の頭部は接着前の仮組み状態です。

f:id:ron777:20201017110553j:image

 

2.  フェイスパーツを組み込んで接着

フェイスパーツを組み込んだ状態で、接着剤をつかい接着。合わせ目を消します。

このとき接着剤が、フェイスパーツや塗装がおわったのところに付かないよう要注意です。

f:id:ron777:20201017150326j:image

左右分割のパーツの合わせ目、左右交互に3回ずつくらい接着剤を塗りたくります。
f:id:ron777:20201017150342j:image

チカラを込めて左右のパーツを圧着させます。合わせ目からムニュっと接着剤がはみ出て来ればいい感じです。接着剤が完全乾燥するまで2、3日おいておきます。
f:id:ron777:20201017150411j:image

本当はこんな感じにフェイスパーツをヘルメットの下から差し込みたかったのですが、フェイスパーツが大きくて、私には、後ハメ加工が出来ませんでした。なので、今回はこの方法で合わせ目消しをする事にしました。

f:id:ron777:20201017150611j:image

 

3.  接着剤がかわいたらヤスリで表面処理 

乾燥まで3日間おいておいた頭部パーツです。完全乾燥した接着剤はかなり硬く固まっているので鉄ヤスリでカリカリ削って行きます。

f:id:ron777:20201017110330j:image
f:id:ron777:20201017150430j:image

鉄ヤスリで、はみ出た接着剤はなくなり、合わせ目もキレイに消えました。これから紙ヤスリを優しく当てながら磨いて、さらにキレイなパーツ表面にして行きます。
f:id:ron777:20201017110327j:image

紙ヤスリ

400番→600番→800番→1000番→1200番→1500番→2000番の順番で作業して行きます。
f:id:ron777:20201017110333j:image

紙ヤスリでかなりキレイになりました。このあと頭頂部を塗装して合わせ目消し完了です。
f:id:ron777:20201017110325j:image

 

4.  最後に合わせ目を消したところを塗装して合わせ目消し完了です

小さい面積の塗装なので、ささっと筆塗りするだけ塗装作業は終わります。

残りのパーツを組み込んで、合わせ目消し完了です。
f:id:ron777:20201017110222j:image

 

5.  まとめ

  • さきに合わせ目以外の塗装をおわらせて気持ちを軽くしておく。

 

  • フェイスパーツを組み込んで接着。このとき接着剤が塗装ズミのところに付かないように注意する。

 

  • 完全乾燥まで2、3日のあいだ放置する。接着剤が完全に乾いたら鉄ヤスリ→紙ヤスリで作業して、パーツ表面をキレイにする。

 

  • 最後に頭頂部を塗装すえば合わせ目消し作業完了です。

 

わたしは、あまり器用ではないので難しい作業をすると、せっかく買ったプラモをダメにしてしまいそうなので、いつもヒヤヒヤしながら合わせ目消しなどの加工をしています。ですが、ガンプラの一番目立つところにある、頭のてっぺんの合わせ目はできれば消したいところ。

 

手間は掛かりますが、他のパーツで正面から見て目立つような合わせ目も後ハメせずに消せると思います。今回は、わたしのように難しい作業にあまり自信のない方に向けて記事を書いてみました。

 

今回の記事はここ迄です。

最後までお付き合いいただき有り難う御座います。

f:id:ron777:20201017155117j:image

わたしの記事は、自分でつくったガンプラをお気に入りの場所に並べながらニヤニヤしたい方にむけて書いています。コンテストなどにむけて、がんばっている方にも読んでいただけたら勿論ありがたいですが、基本的にはまったり、マイペースでガンプラを楽しみたい方にむけて記事を書いています。未熟者ですが参考にしていただけたら嬉しいです。

 

つくる方もつむ方もよかったらまた覗きに来てくださいm(_ _)m

 

ブログ以外のガンプラはこちらから

twitter.com

f:id:ron777:20201007073150j:plain

【レッドチップ】ガンプラに100カ所レッドチップを貼ってみた

こんばんは、ろんです。

 

今回は、プラ板でレッドチップを作ってガンプラをディテールアップさせて行きたいと思います。

 

レッドチップは、赤い小さなポッチのようなもので、ガンプラのモールドなどの凹み部分に貼り付けると、メカニカル感がアップしてガンプラが、よりカッコよくなります。

f:id:ron777:20201015140346j:image

比較的かんたんに『作って』『貼り付けて』『カッコよくなる』作業の解説ですので、記事の最後までお付き合い頂けたら嬉しいです。

f:id:ron777:20201015235249j:image

 

【レッドチップ】ガンプラに100カ所レッドチップを貼ってみた

もくじ

  1. レッドチップ作成で使う道具
  2. レッドチップの作り方
  3. レッドチップの貼り付け方
  4. はじめて作ってみての感想

 

 

1. レッドチップ作成で使う道具


f:id:ron777:20201015134030j:image

f:id:ron777:20201015134027j:image
  • エバーグリーンのプラ板0.25mm×0.5mm
  • 木工用ボンド
  • デザインナイフ
  • つまようじ
  • メンボウ
  • 両面テープをつけた割りばし(写真には載っていません)

 

2. レッドチップの作り方

今回は、2種類の手順のレッドチップの作り方を解説します。

  • プラ板を赤く塗装してからカットする作業
  • プラ板をカットしてから赤く塗装する作業

の2パターンです。

それぞれ、作業ポイントも合わせて解説します。

 

プラ板を赤く塗装してからカットする作業

A-1プラ板をある程度の長めにカットします。

f:id:ron777:20201015213836j:image

A-2カットしたプラ板を両面テープをつけた割りばしに貼り付けます。

f:id:ron777:20201015213840j:image

A-3貼り付けたプラ板を塗装していきます。

f:id:ron777:20201015214405j:image

A-4塗装が乾いたら使いたい分をデザインナイフでカットしていきます。

f:id:ron777:20201015214813j:image

Aパターンのポイント

赤く塗装されたチップを切り出しながら、チップ大きさを決めたい方にオススメ。

プラ板をカットした断面は白いままなのでリタッチが必要。

 

プラ板をカットしてから赤く塗装する作業

B-1プラ板を実際にガンプラに貼り付ける大きさにカットして行きます。

f:id:ron777:20201015215209j:image

B-2カットしたプラ板を両面テープをつけた割りばしに貼り付けます。

f:id:ron777:20201015121734j:image

B-3塗装していきます。

f:id:ron777:20201015121728j:image

B-4塗料が乾いたら無くさない様に塗料皿などに保管しておきます。

Bパターンのポイント

一回の塗装ですむので、リタッチしなくても大丈夫。

プラ板を適当にカットすると、思っていたより大きいチップになっていたりするので、始めからやり直す可能性もある。

 

【捕捉説明】

Aパターンの作業ですが…

f:id:ron777:20201015170414j:image

レッドチップ全体がスッポリはまるモールドなら、カットした断面もかくれるので、そう言った場所に貼るときはとくべつ問題ありません。

 

また、わたしは筆で塗装していますが、赤いスプレーをお持ちなら、スプレーのほうが楽チンかもです。

 

 

3. レッドチップの貼り付け方

貼り付け方は簡単です。木工用ボンドを使って貼り付けていきます。

 

ちなみに木工用ボンドの袋には、プラスチックには使えないと書いてありましたが、塗装をしているからか問題なく使えました。

 

ではでは、作業スタート。

 

木工用ボンドを適量取り出します。

f:id:ron777:20201015194917j:image

写真のボンドの量は結構おおめ、とりあえずこの写真の半分くらいの量でも大丈夫です。

固まったボンドを塗料皿から剥がすのは少し面倒(^_^;)

余ったボンドと一緒に捨てられる物の上に出すのがいいと思います。
f:id:ron777:20201015165356j:image

つまようじの先に少量ボンドをつけて、チョンチョンパーツ表面にボンドを乗せていきます。
f:id:ron777:20201015121843j:image

貼りたい所にボンドを塗ったら、カットしたチップを乗せてメンボウを押し当て圧着します。
f:id:ron777:20201015121839j:image

【貼るときのポイント】は、

ある程度ガンプラを組み立てた状態でチップを貼っていくと、ガンプラ全体にどんな感じで赤い点が配色されているか分かりやすいのでオススメです。

【作業前と作業後の比較】

もう少しレッドチップが小さくても良かったかもな〜(´-ω-`)

f:id:ron777:20201015233728j:image
f:id:ron777:20201015233724j:image

 

4. 作ってみての感想

今回、プラ板を赤く塗装してからカットする作業プラ板をカットしてから赤く塗装する作業の両方を試しながらレッドチップを作りました。

f:id:ron777:20201015233256j:image

わたし的には、プラ板の白く残っている所をリタッチしながら作業した方が自分には合っている気がしました。はじめからチップをいい具合の大きさにカットするのは難しく感じたからです。

 

貼り付ける作業時間のほうは、2時間くらい。手間は掛かりましたが、荒削りながら個人的には満足できるガンプラになると思います。(まだ、デカール貼りがのこっているので…)

f:id:ron777:20201015234209j:image

エバーグリーンのプラ板は扱っている店舗はかぎられますが、その他の道具は手に入れやすいので試して頂けたら幸いです。

 

今回の記事はここまでです。

最後までお付き合い頂き有り難う御座います。

 

わたしの記事は、自分でつくったガンプラをお気に入りの場所に並べながらニヤニヤしたい方にむけて書いています。コンテストなどにむけて、がんばっている方にも読んでいただけたら勿論ありがたいですが、基本的にはまったり、マイペースでガンプラを楽しみたい方にむけて記事を書いています。未熟者ですが参考にしていただけたら嬉しいです。

 

つくる方もつむ方もよかったらまた覗きに来てくださいm(_ _)m

 

ブログ以外のガンプラはこちらから

https://twitter.com/1OszHE3YBDsI5Jc

f:id:ron777:20201015233435j:image

【ガンプラ筆塗り】本当にいい?1本600円の平筆の塗り心地とは?

こんばんは、ろんです。

 

今回の記事は、1本600円の平筆を使ってみたので、その感想を書いてみたいと思います。

f:id:ron777:20201012204602j:image

この記事を読んで頂ければ、ホビーショップなどで、お値段がお高めの筆を買うときの参考になると思いますので、よかったら最後までお付き合いください。

 

 

新しい平筆がほしくて、先日ホビーショップに買い物に行ってきました。

 

そこのお店に売っている平筆は、100円くらいの筆か、600円の筆かの2択状態。家族で出掛けると模型屋のハシゴもしづらいところ。思い切って600円の筆を買うことにしました。

 

感想を結論から言うと、これの平筆は、いいものでした。でも使っている内に『注意点もあるな』と思ったので注意点も含めて感想をかいていきます。

 

また、この記事おわりに、わたしのTwitterアカウントへのリンクがあります。ブログ以外のガンプラも作成していますので、そちらもよろしくお願い致しますm(_ _)m

 

ガンプラ筆塗り】本当にいい?1本600円の平筆の塗り心地とは?

 

もくじ

  1. 600円の平筆の商品説明
  2. 使う前の印象
  3. 使った後の感想
  4. 使ってみての注意点
  5. まとめ

 

1.  600円の平筆の商品説明

品名は、タミヤモデリングブラシHG 平筆です。

ビニールの入れ物からの商品説明を引用します。

馬毛を使用した高品質な平筆です。毛先の位置をずらす熟練技術によって先端部分を薄く、根元部分を厚く仕上げました。柔らかく塗料の含みに優れ、ムラが出にくく塗りやすい筆です。

 

2.  使う前の印象

商品説明からは、なんか良い感じの筆だという事は分かります。でも、実際つかってみるまで分かりません。

 

ためしに自分の指先をガンプラのパーツに見立てて、筆先を指に当ててみました。すると毛先の両サイドが、結構ボソボソと毛羽立っている…。

 

柔らかすぎ?

 

狙ったラインから塗装がはみ出してしまいそう…。

 

大丈夫かな??

 

毛羽立っているところを写真に撮ろうとしたんですが、使った後だったので大丈夫な感じですね。

f:id:ron777:20201012204122j:image

 

 

3.  使った後の感想

買ってみてよかったです。

 

この平筆の塗り心地を一言であらわすなら、『やさし〜い』です。パーツに筆が当たっている筆圧がほとんどありません。筆につけた余分な塗料を塗料皿のフチでこしたりしますが、その感覚もほぼありません。

f:id:ron777:20201012213646j:image

なので、筆圧があまり掛からずにパーツに塗料が乗っていくので塗りムラが出来にくく、キレイに筆塗りできるのだと思います。

 

また、塗料を筆に含ませると毛先がピシッと整って毛羽立ったりしません。

f:id:ron777:20201012214444j:image

狙ったラインをしっかり塗ることが出来ますし、筆先がとても柔らかいので角度をかえて筆を持てば、入り組んだ塗り分けと塗り分けの間を筆を少しねじりなが塗る事もできます。

 

1本600円を買うのに少し抵抗がありましたが、買ってよかったです( ^ω^ )


4.  使ってみての注意点

ですが、注意することもありそうです。『塗り心地が良すぎる』とでもいいましょうか??

 

塗料がトロトロ状態でも、この1本600円の平筆で塗装していると、塗り心地が良すぎてサラサラと塗装している感覚になってしまいます。

 

トロトロ状態の塗料を筆に含ませて塗装すると筆跡ができやすいです。塗っている感覚がなめらかでも、パーツの上で塗料がどんな感じになっているか、意識的に確認する必要がありそうです。

 

5.   まとめ

  • 使う前と後の印象が180°かわって、かなり好印象。

 

  • 塗り心地を一言であらわすと『やさし〜い』塗っている筆圧があまりない。なので筆跡が出づらい。キレイに筆塗りできる。

  • 筆の持ち方を変えれば塗り方に幅ができそう。

 

  • 『塗り心地が良すぎる』のでパーツ表面の塗装状態を意識的に確認する必要がありそう。

 

今日の記事はここまでです。

最後までお付き合い頂き有り難う御座います。

 

ナドレの塗装も7割くらいは終わりました。今回は、メインカラーにMr.カラー26ダックエッググリーンを選びました。これは、ジェガン色ですね。

f:id:ron777:20201012221024j:image

 

わたしの記事は、自分でつくったガンプラをお気に入りの場所に並べながらニヤニヤしたい方にむけて書いています。コンテストなどにむけて、がんばっている方にも読んでいただけたら勿論ありがたいですが、基本的にはまったり、マイペースでガンプラを楽しみたい方にむけて記事を書いています。未熟者ですが参考にしていただけたら嬉しいです。

 

つくる方もつむ方もよかったらまた覗きに来てくださいm(_ _)m

 

ブログ以外のガンプラはこちらから

twitter.com

f:id:ron777:20201012221635j:image

【今日の模活】ガンダムタイプのフェイスパーツを後ハメ加工してみたい!

こんばんは、ろんです。

 

【今日の模活】は、HGBF 1/144 スターバーニングガンダムの頭部で『フェイスパーツの後ハメ加工』をしてみたい!です。

 

下の画像は後ハメ加工をした後の頭部です。

f:id:ron777:20201009214051j:image

ガンダムタイプの頭部にある合わせ目を消すには、への字ダクトの付いたフェイスパーツを、どんな風に扱えばいいんだろう?

 

何年か前のわたしも、『???』でした。

 

もともと、わたしは切ったり、貼ったりの加工があまり得意ではありません。今回のお題『フェイスパーツの後ハメ加工』。実は、はじめての挑戦で、かなり焦りながら作業しました。

 

なので、わたしと同じような工作作業初心者のかたに向けて、この作業は、『こんな感じです』的なレポートを、このブログを通していろいろと届ける事ができたらなと思っています。

 

なぜ、スターバーニングガンダムかと言うと、先日、息子(小1)にスターバーニングの頭部をもらっていたので、後ハメの練習につかいます。

 

頭部以外は、無残な姿に(涙)

息子に言いたい事は、10,000文字くらいありますが、そのことは置いといて…。

 

みなさんも、『わたしを自分の練習代』だと思って記事を読みすすめて頂けたら嬉しいです。

 

今回の記事を読んでいただければ、頭部の合わせ目けしと、後ハメ加工の参考になると思います。たぶん2分も掛からないで読みおわる記事だと思いますので最後までお付き合いください。

 

【今日の模活】ガンダムタイプのフェイスパーツを後ハメ加工してみたい!

 

もくじ

1. 使ったもの

2. 頭部パーツのおさらい

3. 作業スタート

4. おまけ

 

1. 使ったもの

f:id:ron777:20201009213933j:image

  •  鉄やすり
  • デザインナイフ
  • ニッパー

 

2. 頭部パーツのおさらい

ブレードアンテナ、トサカの中央の黄色いパーツ、への字ダクトのあるフェイスパーツに前後に別れたヘルメット(この画像では前後には分けてませんが…)

への字ダクトのフェイスパーツと、トサカ中央の黄色いパーツは、後ハメ加工。メインの作業になるのは、フェイスパーツの方ですね。

f:id:ron777:20201009213444j:image

合わせ目は頭部の両サイドにできます。入り組んでいる場所ではないので、合わせ目けし自体は、そこまで難しくは無さそうです。

f:id:ron777:20201009222032j:image

黄緑色の四角でかこってある所が、ヘルメットパーツの後ろ半分にはめ込む凸です。作業は、ここをカットして、フェイスパーツをヘルメット下から滑り込ませるイメージです。

f:id:ron777:20201009220853j:image

赤いパーツをカットしてもこの位置にフェイスパーツが来ればいいって事ですよね?ではでは作業スタートします。

f:id:ron777:20201009191901j:image

 

3. 作業スタート

人生初、頭部パーツの後ハメ加工にドキドキしながら、ニッパーを握ります!

f:id:ron777:20201009120626j:image

バツんとカットしました。
f:id:ron777:20201009120623j:image

ヘルメットは、とりあえず仮組み状態。接着はまだしてません。

f:id:ron777:20201009152142j:image

試しにはめ込んだらクリアランスほぼ無し。塗装したパーツなら、パーツ同士がこすれ合って確実に塗装ハゲになるパターン。これは、まずい!
f:id:ron777:20201009152027j:image

予想はしていましたが、簡単に作業完了とは行かないようです(^◇^;)

と言う訳で、赤いパーツを鉄ヤスリで削り、フェイスパーツがヘルメットに少しだけ奥まっておさまるようにしてクリアランスを確保します。

f:id:ron777:20201009120610j:image

それでも頬の部分が当たるので、頬も削ってみます。少し焦ってきました。

f:id:ron777:20201009152210j:image

頬を削りすぎると、ヘルメット奥の目立ちにくい所とは言え、違和感が出てきそう。なので今度は、ヘルメットの内側をデザインナイフで削って行きます。
f:id:ron777:20201009120548j:image

大丈夫そう、大丈夫そう、大丈夫そうです。何度も試しに押し込んだせいで、シールがグチャグチャになっています∑(゚Д゚)

f:id:ron777:20201009153048j:image

とりあえず、作業完了。初めてとしては、比較的うまく出来たのではないでしょうか??

f:id:ron777:20201009120604j:image

ホッと一安心です。

 

4. おまけ

作業後、合わせ目けしのため、前後のヘルメットのパーツに接着剤を2、3回塗りつけ、ムニュっとなったいい感じです。
f:id:ron777:20201009120558j:image
f:id:ron777:20201009120536j:image
f:id:ron777:20201009120645j:image

 

本当は、今回つくっているガンダムナドレのフェイスパーツを使って後ハメ加工をしたかったのですが、わたしには出来ませんでした(T ^ T)

 

下の写真のようなイメージで後ハメ加工をしようと考えていたのですが…。

f:id:ron777:20201009145336j:image

ナドレのフェイスパーツは大きくて下から滑りこませる今回のような作業では、後ハメ加工はできませんでした_| ̄|○

f:id:ron777:20201009145344j:image

そこで、フェイスパーツを含めた頭部の組み立てを終わらせたあと、頭頂部にある合わせ目を消して行こうと思います。

 

作業的にはこんな感じで…。

塗装→塗装乾燥→接着→接着乾燥→ヤスリがけ→塗装で作業して行きます。

塗装しながらの作業になるので、ナドレの記事は、また後日になります。


今日の記事はここまでです。

最後までお付き合い頂き有り難う御座います。

 

わたしの記事は、自分でつくったガンプラをお気に入りの場所に並べながらニヤニヤしたい方にむけて書いています。コンテストなどにむけて、がんばっている方にも読んでいただけたら勿論ありがたいですが、基本的にはまったり、マイペースでガンプラを楽しみたい方にむけて記事を書いています。未熟者ですが参考にしていただけたら嬉しいです。

 

つくる方もつむ方もよかったらまた覗きに来てくださいm(_ _)m

 

ブログ以外のガンプラはこちらから 

twitter.com

f:id:ron777:20201007073150j:plain

 

【ガンプラ筆塗り】誰でも簡単100均グッズで塗装ベースを作ってみる

こんばんは、ろんです。

 

今回の記事は、100均グッズを使って誰でも簡単に出来る塗装ベースの作り方を紹介して行こうと思います。

f:id:ron777:20201007214845j:image

塗装ベースはガンプラを塗装するときにあると便利なアイテムですが…。

 

わたしは、模型店やホビーショップなどで売られている塗装ベースを買ったことがありません…。

 

なぜかと言うと…。

 

使い勝手はよさそうだけど、買うには少しお高いイメージがあるからですσ(^_^;)

 

小さいサイズの塗装ベースでも500円くらいはしますし、必要な数を揃えようとすれば、HGのガンプラを買える位の金額になってしまうことを思うと、なんとなく敬遠してしまいます。

 

なので、出来るだけ安く塗装道具をそろえたいわたしは100均のファイルボックスを使って塗装ベースをつくり作業をしています。

 

機能面でも特別ふつごう、ありませんのでオススメです。

 

この記事をよんで頂ければ…

 

誰でも簡単に出来る、100均グッズを使った塗装ベースの作りかたが分かると思いますので、最後までお付き合い頂けたら嬉しいです。

 

また、すでに塗装ベースをお持ちの方も+αでこの手作り塗装ベースを使っていただいてもいいかもしれません。

 

ガンプラ筆塗り】

誰でも簡単100均グッズで塗装ベースを作ってみる

 

もくじ

1. わたしの塗装ベースの使い方

2. 100均塗装ベースの作り方

3. 実際、塗装ベースを使うときのコツ

4. まとめ

 

1. わたしの塗装ベースの使い方

写真のファイルボックスが、わたしがいつも使っている塗装ベースです。大きめのファイルボックスが2個と少し小さめの物が2個の計4個のファイルボックスを使っています。

f:id:ron777:20201006214500j:image

そして、実際に使ってみた感じは、こんな感じです。割り箸に両面テープを巻き付けて、パーツを貼りつけたものや、猫の手クリップをファイルボックスの穴に突っ込んだり、挟んだりして使っています。

f:id:ron777:20201006113030j:image

f:id:ron777:20201006214242j:image

この4個のファイルボックスを使ってHGのガンプラを塗装しています。400円あれば問題なし、500円で5つ買えば、余裕のある塗装環境がととのうと思います。

 

はじめは、写真に写っている黒のファイルボックス2つで作業していましたが、ガンダムベース限定のグフ・フライトタイプを作っているときに限界をかんじて小さめのファイルボックスを2つ追加して、いまの状態になりました。

 

2. 100均塗装ベースの作り方

とりあえず、使うものです。

f:id:ron777:20201006230520j:image

  • 100均のファイルボックス 
  • コピー用紙 4、5枚
  • ペン
  • ハサミ
  • セロハンテープ 以上、5点です。

 

100均のファイルボックスは、穴があいていればどんな形でもOKです。サイズの大きい方が割安です(^-^;

 

まずは、コピー用紙で塗装ベースの底をつくります。そうしないと、塗装ベースを動かしたときなど、パーツがファイルボックスの穴→穴を通って下に落ちてしまいます。(この記事では、コピー用紙を使いますが、紙ならなんでも大丈夫です。)

 

作業開始です

ファイルボックスの形に合わせてコピー用紙に線をひき、ハサミで切り取ります。この時、コピー用紙は、4、5枚かさねていっぺんに切り取ったほうが楽チンです。

f:id:ron777:20201006232132j:image

f:id:ron777:20201006232139j:image

コピー用紙A4サイズだと少し小さかったのでちょっと付け足します。

f:id:ron777:20201006232249j:image

ザッと4、5枚のコピー用紙をセロハンテープで数カ所とめるとファイルボックスに本付けするときにバラバラにならないので貼りやすいです。

どこにテープを貼ったか分かりづらくてすいません。

f:id:ron777:20201006232307j:image

ファイルボックスを1周するようにセロハンテープでとめれば完成(o^^o)

f:id:ron777:20201006233440j:image

f:id:ron777:20201007214900j:image

これなら誰でも簡単に作れてお安く塗装ベースをゲットできると思います。

 

3. 実際、塗装ベースを使うときのコツ

この手作り塗装ベースを使うときのコツは、3つあります。

3ー1パーツは、底にある穴を使って固定します。

f:id:ron777:20201006214817j:image

これをしないとファイルボックスのプラスチックは結構すべりやすいのでパーツをつけた棒が、スルスルと動いて、事故につながります。

 

わたしもやってしまいがちですが、せっかく綺麗にぬれたパーツが落ちて汚れたり、塗装面にキズができたら、かなりショックですから気を付けたいところです。

 

3ー2それでも、事故はおきるものです。ある程度、あいだを空けてパーツを置いていきます。

f:id:ron777:20201007001318j:image

何かの拍子に、塗装ベースに触れてしまった反動で置いてあるパーツどうしが当たったりします。なので大きいパーツなどは、ある程度あいだを空けて塗装ベースに置いていきます。

このとき、パーツが付いている棒を塗装ベースにななめに刺すとパーツどうしに、いい具合の距離感がでます。

 

3ー3塗装するときは、あらかじめ、まとまった数のパーツを塗装ベースから外してから塗装をスタートしましょう。

f:id:ron777:20201007001303j:image

写真のように、グリーン系で塗装するパーツは、あらかじめ塗装ベースからすべて取り外しておきます。塗装ベースから塗装のつどパーツをひとつ1つ取っていくと、塗装前と塗装後のパーツが混在して作業がしづらくなります。

事故のもとにもなるので、はじめから塗装するパーツは塗装ベースから外しておきましょう。

 

 

4. まとめ

  • 100均のファイルボックスを使えば比較的やすく塗装ベースが手に入る。

 

  • どこのお宅でもある物で簡単に塗装ベースを作ることができる。【紙、コピー用紙やチラシなど】【ハサミ】【セロハンテープ】と【ファイルボックス

 

  • 実際つくった塗装ベースを使うときは、塗装ベースの底にある穴を使ってパーツを固定する。そうすれば、パーツがすべったりしないので、事故を防ぐことができる。

 

  • 塗装スタートするときは、全てのパーツを塗装ベースから外して塗装しましょう。ひとつ1つ塗装するたび塗装ベースからパーツを取っているのは、事故のもと!余裕をもって作業できる環境を整えてましょう。

 

以上で、『【ガンプラ筆塗り】誰でも簡単100均グッズで塗装ベースを作ってみる』の記事を終わります。

 

最後までお付き合い頂き有り難う御座います。

 

わたしの記事は、自分でつくったガンプラをお気に入りの場所に並べながらニヤニヤしたい方にむけて書いています。コンテストなどにむけて、がんばっている方にも読んでいただけたら勿論ありがたいですが、基本的にはまったり、マイペースでガンプラを楽しみたい方にむけて記事を書いています。未熟者ですが参考にしていただけたら嬉しいです。

 

つくる方もつむ方もよかったらまた覗きに来てくださいm(_ _)m

 

ブログ以外のガンプラはこちらから

twitter.com

f:id:ron777:20201007073150j:image