筆塗りモデラー40代2児の父親 ガンダム好きのガンプラ製作ブログ

筆塗りでガンプラをつくっています。素組みの感想から表面処理、ディテールアップ、筆塗り、スミ入れ、デカール貼りなどを記事にして作業の進捗状況をブログにアップしていきます。

ガンプラ HGBD:R ガンダムテルティウムをオリジナルカラーでつくる⓵ 素組みの感想

今回、作るガンプラは、ガンダムビルドダイバーズリライズより、HGBD:R 1/144スケール ガンダムテルティウムです。このところ、比較的ふるいガンプラを作っていたので、最新のガンプラを作りたくなり、買って来ました。

今回も、オリジナルカラーで作成していきます。まずは、素組みの感想からスタート。よろしくお願いします!

f:id:ron777:20200214222211j:image

 

もくじ

1.素立ち

2.可動と武装

3.肘の可動

4.合わせ目

5.感想

 

1.素立ち

ガンダムMk-Ⅲをベースにして、カスタマイズされたガンプラとの事で、細身のスタイルとメリハリの効いたアーマーとで、とてもヒロイックな印象になっています。スミ入れするだけで十分カッコよくなりそうです。

f:id:ron777:20200215155111j:image

f:id:ron777:20200215155501j:image

頭部は、面長なゼータ系フェイス、ブレードアンテナは幅が広いのが特徴的です。顎が長いのが気になりますが、ここは好みの問題と言ったところでしょうか?

フェイスパーツの小型化作業はこちらから

ron777.hatenablog.com

バックパックの横には別売りのHGBD:Rゼルトザームアームズを取り付ける為の穴が空いています。

f:id:ron777:20200215155000j:image

f:id:ron777:20200215155013j:image

 

2.可動と武装

可動は良好。迫力あるポーズが決まります。ですが、ポージングしているうちに腕が外れたり、股関節が緩くて足が開いたりと、イライラしてしまうところもあります。ポーズをつけて遊びたい方は要注意です。

f:id:ron777:20200215200529j:image

ビームライフルは2種類付属。両方とも腰のリアアーマーに装着可能です。デザインの系統がそれぞれ違うので、持たせたライフルでどんな仕様のMSなのか想像力が掻き立てらます。

f:id:ron777:20200215200543j:image

f:id:ron777:20200215201112j:image

f:id:ron777:20200215153819j:image

ビームサーベルは2本付属しています。手の甲のパーツは外さず、そのまま手に差し込んで持たせる方式です。平手パーツは左右両方あり、ビルダーズパーツのMSハンドより表情のついた平手なのでポーズ付けに適しています。

f:id:ron777:20200215205629j:image

f:id:ron777:20200215200559j:image

f:id:ron777:20200215202218j:image

立て膝は、腰のリアアーマーが可動の邪魔をして膝下に物を置かないとできません。足のスラスターカバーの裏面などの内部構造も細かく再現されています。足裏も、肉抜き穴がなく、モールドの表現もカッコいいです。

f:id:ron777:20200215153823j:image

f:id:ron777:20200216130308j:image

 

3.肘の可動

組み上げてすぐの状態だと、前腕があまり前に曲がりません。90°前腕を回転させると曲がります。

肘の関節パーツは、二の腕に差し込んだ方が固く前腕に差し込んだ方が緩いので、前腕の動きに関節パーツがついて来てくれずポーズ付けに少し難ありです。

f:id:ron777:20200215162309j:image

f:id:ron777:20200215162401j:image

 

4.合わせ目

合わせ目は、胴体と太腿裏にできます。どちらも完成すると、目立たなくなる場所にあります。頭部も、トサカのパーツが別パーツなので頭の真ん中に合わせ目はできません。

f:id:ron777:20200215164410j:image

f:id:ron777:20200215164432j:image

シールはツインアイと後頭部のセンサー、2種類あるビームライフルの片一方のセンサー用となっていてます。

f:id:ron777:20200215164450j:image

 

5.感想

f:id:ron777:20200216004812j:image

今回、HGBD:R 1/144スケール ガンダムテルティウムの素組みをしてみました。

デザイン的には、清潔感のあるカラーリングとメリハリが効いたデザインで、緩い関節にあまり影響がない素立ちで飾る方には、オススメのガンプラです。また、緩い関節パーツを太らせて関節の保持力の強化ができる方でしたら、尚のこと手に取って組んで頂きたいです。

小学生のお子さんに初めて作るガンプラとしては、作り終えた後の遊びの事を考えると、ちょっと向いてないのではないかと思いました。

以上、HGBD:R 1/144スケール ガンダムテルティウムの素組みの感想でした。

ではでは、最後まで読んで頂きありがとうございました。

ガンダムテルティウム完成編はこちらから

ron777.hatenablog.com

 

 

ブログ以外のガンプラTwitterで作業しています。そちらも宜しくお願い致します。

twitter.com

f:id:ron777:20200311121121j:image