筆塗りモデラー40代2児の父親 ガンダム好きのガンプラ製作ブログ

筆塗りでガンプラをつくっています。素組みの感想から表面処理、ディテールアップ、筆塗り、スミ入れ、デカール貼りなどを記事にして作業の進捗状況をブログにアップしていきます。

ガンプラオリジナルMSを作ろう⓶プラ板でディテールアップ

こんばんは、ろんです。

 

今回は、先日ミキシングをはじめたガンプラのディテールアップの記事です。

 

すこし前まで、ディテールアップって削りすぎて失敗したら即終了みたいなイメージがありました。でも最近は、『たかい完成度をもとめすぎない』で『ドンドン手を動かそう』と思いはじめ、余りパーツなどで練習して行けそうなら直ぐに本番といった感じで作業しています。

 

『ぶっつけ本番で失敗するのは、当然』だと、これも最近おもいました・・・。

 

本当は、マイナスモードをほってみたいんですが、練習しても完成度とか言ってられないレベルだったので今回は、やめておきます。

本番でチャレンジしてみるかの判断も練習しておけば、自分の技量もわかって決めやすいですよね。

 

とりあえず、こんな感じになっています。作業前と後とを並べてみました。

f:id:ron777:20200627124621j:image
f:id:ron777:20200627124617j:image

そんな完成度をもとめすぎないディテールアップの作業内容をまとめてみました。

 

 

ブログ以外のガンプラ制作はTwitterで投稿しています。この記事の最後にリンクがありますので気になる方は、ご覧くださいm(_ _)m

 

ではでは

 

ガンプラはじめてのミキシングビルド⓶プラ板でディテールアップ

 

もくじ

1. プラ板をつかってミサイルハッチっぽく

2. プラ棒+モールド追加でちょっとメカニカルに

3. パーツのかどを削ってディテールアップ

 

 

1. プラ板をつかってミサイルハッチっぽく

この写真のへこみは、バーニアかスラスターだと思いますが、ちょっと大味ぎみだと感じたのでディテールを追加してみようと考えました。

でも、この小さいスペースの中でちょこちょこケガキを動かしても、わたしにはキレイにモールドを彫るのは難しいと思い、プラ板をつかって別パーツを作ってみることにしました。

 

まずは、パーツをはめ込むスペースの大きさを測ります。

f:id:ron777:20200627131322j:image

扱いやすい大きさに切り取ったプラ板にさっき測った寸法をシャーペンで書き込みます。プラ板の厚さは1ミリです。

適当に書きすぎたので、うえの一行は失敗しました(^_^;)

f:id:ron777:20200627131708j:image

何年もまえに買ったPカッター。はじめて使ってみました。これは、プラ板工作には欠かせないアイテムだったんですね。

定規を当てながら、何回か比較的やさしめで繰り返して切りとる感じです。

f:id:ron777:20200627132207j:image

こちらもPカッターを数回動かしながらの作業。モールドを作るつもりが、やり過ぎるとプラ板を貫通してしまうので要注意です。

f:id:ron777:20200627132341j:image

デザインナイフで端っこにグッと力を入れて切り離します。
f:id:ron777:20200627132337j:image
f:id:ron777:20200627132345j:image

ヤスリで形を整えて完成です。

f:id:ron777:20200627132334j:image

f:id:ron777:20200627132856j:image

ミサイルが連続発射されるようなミサイルハッチが並んでるイメージです。

 

 

2. プラ棒+モールド追加でちょっとメカニカルに

使うものは、テプラ的なビニールテープです。(箱をこの前すててしまったので、名前が分かりません。すいません。)

厚みがあるテープなのでモールド彫りのガイドに丁度いいです。

f:id:ron777:20200627134412j:image

反対側は合わせめがあるので、モールドを彫って左右両方にモールドがあるようにします。合わせめ消しをするより、わたしはこっちの作業がラクで好きです。

f:id:ron777:20200627134640j:image

f:id:ron777:20200627134706j:image

彫れたら、紙やすりをモールドに当てるようにしてボソボソしたケガいたあとを整えます。写真の紙やすりは1500番です。

f:id:ron777:20200627140207j:image

彫ったモールドにあわせてプラ板でディテールを追加します。使っているプラ板は、エバーグリーンの厚さ0.25×幅0.5ミリの平プラ棒です。

定規でだいだいの長さを決めて切り取ったプラ板を流し込み接着剤で接着。(接着剤をパーツに点つけしてからプラ板をのせるのでもOKです)

f:id:ron777:20200627134934j:image
f:id:ron777:20200627134938j:image

とりあえず完成。

f:id:ron777:20200627134941j:image

 

 

3. パーツのかどを削ってディテールアップ

マイナスモードは無理でも、練習してみてこれなら、何となく出来そうだったのでやってみました。

とりあえず、ディテールを作るところを決めシャーペンなどで目印を書き込み、そこにデザインナイフでグッと切り込みをいれます。

f:id:ron777:20200627135859j:image

デザインナイフで、やさしく、薄くパーツをえぐっていきます。切り込みのところでデザインナイフが『コツン』と止まるので、それ以上はナイフを動かさないように、また、『コツン』と止まらないときは切り込みが浅い場合があります。

この写真でいうと下から上、上から下へ一回ずつ、交互にえぐれ具合の様子を見ながら作業していぎす。
f:id:ron777:20200627135855j:image

わたしの様なディテールアップ初心者さんだと多分、えぐった面はデコボコしていると思いますので、デザインナイフを軽くあてながら同じ方向へ動かしカンナガケっぽく面を整えます。

f:id:ron777:20200627140143j:image

 

ほかの場所にも、ディテールを追加して両腕とも作業完了しました。

f:id:ron777:20200627141154j:image

とりあえず、今日の記事はここまでです。

最後までお付き合い頂きありがとうございます。

f:id:ron777:20200627143223j:image

 

 

前回からはじめてミキシングをはじめました!

よかったらこちらもご覧下さい(o^^o)

ron777.hatenablog.com

 

わたしの記事は、自分でつくったガンプラをお気に入りの場所に並べながらニヤニヤしたい方にむけて書いています。コンテストなどにむけて、がんばっている方にも読んでいただけたら勿論ありがたいですが、基本的にはまったり、マイペースでガンプラを楽しみたい方にむけて記事を書いています。未熟者ですが参考にしていただけたら嬉しいです。

 

つくる方も、積む方もよかったらまた、のぞきに来てください。

 

ブログ以外のガンプラはこちらから

https://twitter.com/1OszHE3YBDsI5Jc