筆塗りモデラー40代2児の父親 ガンダム好きのガンプラ製作ブログ

筆塗りでガンプラをつくっています。素組みの感想から表面処理、ディテールアップ、筆塗り、スミ入れ、デカール貼りなどを記事にして作業の進捗状況をブログにアップしていきます。

GUNDAM FIX #0013ディープ ・ストライカーを遊びつくす

こんばんは、ろんです。

 

今日は、ガンプラ作りをお休みして『GUNDAM FIX FIGURATION』♯0013ディープ ・ストライカーで遊んでみたいと思います。

 

2、3分お時間いただけたら嬉しいですm(_ _)m

f:id:ron777:20200920111720j:plain

きのう、近所のホビーショップでパッケージアートチョコウエハースを買ったところ、『ディープ ・ストライカー』のカードをゲット。

 

シルバーウィークという事もあり時間もあるので、せっかくなので普段あまり遊ばない『GUNDAM FIX FIGURATION』で遊んでみました。

f:id:ron777:20200920111607j:plain

箱から部品が入っているブリスターを引き出したものの、片付ける大変さを思い出してしまい遊ぶのをやめようかと思いましたが、久々に手にとったSガンダムがカッコ良すぎたので組み立て作業を再開することにしました。

f:id:ron777:20200920111700j:plain

GUNDAM FIX FIGURATION』は、とても好きなガンダムの玩具です。このシリーズが発売される前、ガンプラよりも値段は高くてもいいから、塗装済で武器とかイロイロついてくるガンダムフィギュアが出ないかなぁと思っていました。

発売されて、『これ!これ!これ!』『こう言うのが欲しかった!』と感激したのを今も覚えています。

f:id:ron777:20200920114046j:imagef:id:ron777:20200920114325j:image

ではでは、『ディープ ・ストライカー』で遊んでいきます。

とりあえずパーツを並べて見ました。やっぱりパーツが多い(^◇^;)

ですが、細かい部品をバックパックなどに取り付けると、意外にシンプルなパーツ構成になり組み立ては比較的簡単です。しかし、後片付けの大変さは、見たまんまと言ったところでしょうか…。
f:id:ron777:20200920111741j:image

きれいに並べても、結局ちらかしながらの組み立て作業です。

説明書をどこかへ無くしてしまったらしく、パッケージの写真を見ながら組み立てて行きます。
f:id:ron777:20200920111710j:image

そんな散らかった中、もう一体を投入。片付けのことは、考えないようにしました( ̄▽ ̄)
f:id:ron777:20200920111625j:image

f:id:ron777:20200920111733j:plain

エキセントリックなデザインにグッときますね。癒されます。

わたし的に、ガンダムセンチネル系のガンプラは塗り分けが大変そうで、敬遠しがち。なので、こういった立体物は、とてもありがたいです。
f:id:ron777:20200920111707j:image
f:id:ron777:20200920111730j:image

f:id:ron777:20200920162835j:image

f:id:ron777:20200920161419j:image

f:id:ron777:20200920161013j:image

 

『ディープ・ストライカー』組み立てスタートです。まずは下半身の組み立てから。すでにいい感じ、男心をくすぐるコッテリ感。
f:id:ron777:20200920111614j:image

手元の物が見つけにくい。歳のせいでしょうか?

f:id:ron777:20200920111656j:plain

上半身を取り付けます。
f:id:ron777:20200920111649j:image

プロペラントタンクは背面に2本。左右の脚部?バーニアに1本ずつ。計4本取り付けます。
f:id:ron777:20200920111716j:image
f:id:ron777:20200920111713j:image

主砲の基部をバックパックに取り付け。どこを見てもメカメカしくてカッコいいですね。
f:id:ron777:20200920111620j:image

『ディープ・ストライカー』完成です!

f:id:ron777:20200920160045j:image

f:id:ron777:20200920160024j:image

『ディープ・ストライカー』の機体解説

 Sガンダムの最大の特徴は、豊富なバリエーション及びプランニングにある。そのためコストは通常のMSのレベルをはるかに超えるものとなり、実際に完成したのはSガンダム4機と、数セットのオプションのみであると言われている。 

 Sガンダム関係のバリエーションプランにはコードナンバーが与えられており、ノーマルのSガンダムに関する物は100番台、Ext系は200、Bst系は300、それ以外のものは400番台に分類されている。“ディープ・ストライカー”と渾名される「プラン303E」は、Bst系のバリエーションであり、新鋭艦艇の主砲の砲身を基部ごと携行するほか、必要に応じてビーム・スマートガンと、複数のビーム・カノンが追加可能。自重増加のため、加速性こそ通常のBstタイプに30%減としているが、膨大なプロペラントタンクと追加装備された各ユニットが搭載するジェネレータにより、最高速度および稼働時間は飛躍的に向上している。搭乗員はパイロットとレーダー要員の2名を想定し、防御用のIフィールドジェネレータも、より強力なものを2基装備する。また、大型ディスク・レーダーユニットにより、主任務として想定される超長距離侵攻に対応している。

GUNDAM FIX FIGURATION』#0013ディープ・ストライカーのパッケージから引用させて頂きました。

f:id:ron777:20200920111642j:plain

f:id:ron777:20200920160127j:image

以上で、今回の記事は終わりになります。

 

朝から遊びはじめて、あっという間に夕方です。パッケージに『MS形態を含めて4タイプへの組み替えが可能』とあり、各形態を行ったり来たりしながら遊んでいたら、あっという間に時間が過ぎていました。

 

特に同じ形のバーニアがいくつも付属していますが、各形態で間違わないように取り付けられる工夫がされていて、サクサク組み替え遊びができるのが、とても気持ちよかったです。

f:id:ron777:20200920163846j:image

f:id:ron777:20200920163850j:image

そろそろ片付けないと…。

 

 

最後までお付き合い頂き有り難う御座います。
f:id:ron777:20200920111646j:image

f:id:ron777:20200920111652j:plain

わたしの記事は、自分でつくったガンプラをお気に入りの場所に並べながらニヤニヤしたい方にむけて書いています。コンテストなどにむけて、がんばっている方にも読んでいただけたら勿論ありがたいですが、基本的にはまったり、マイペースでガンプラを楽しみたい方にむけて記事を書いています。未熟者ですが参考にしていただけたら嬉しいです。

 

つくる方もつむ方もよかったらまた覗きに来てくださいm(_ _)m

 

ブログ以外のガンプラはこちらから

twitter.com

f:id:ron777:20200915204624j:plain